LANでつながっているパソコン、OSバージョンの互換性はどう?

ソフトの設定を見直してみる

OSの異なるパソコンが同じオフィスで使われているのは、ソフトの関係から法人向けメンテナンスではよくある事です。パソコンがLANでつながっている場合には、バージョンの互換性を確認する必要があります。アップデートがよく行われているソフトは、異なるOSでも問題なく使えることが多いです。古いOSでは更新状況によって互換性がない場合もあります。ソフトによっては互換性を優先できる設定があるので、一度試してみるのがおすすめです。データのやり取りといった基本的な作業はほぼ問題なく行えます。互換性だけでなく、ネットワーク自体に障害が発生しているケースも注意が必要です。LANの設定を再度チェックしておきましょう。

共有できないときの対策を考える

正しいLAN設定で共有できないときは、互換性の問題が発生している可能性があります。対策としては、OSのアカウントをローカルに切り替えてみるのが有効です。それでも改善しない場合には、OSの共有設定を見直していきます。すべてのネットワークを見て、安全が確認できたら変更を行いましょう。共有ができない原因として、OSのアップデートが行われていないことも考えられます。バージョンが異なる場合でも、更新を行うことで互換性問題が解消されるパターンも多いです。アプリケーションが正常に実行できているか、プロセスを調べてみることも大事になってきます。問題がどの部分で発生しているか分かれば、的確に対処できるでしょう。