旧型のパソコンの利用方法

法人向けパソコンの選び方

ビジネスなどで利用する法人向けパソコンは、低性能なものだと業務に支障をきたしてしまう可能性があります。よって高性能なパソコンを選ぶべきではありますが、より安価で導入したい場合は旧型パソコンを利用しましょう。パソコンの中古販売市場では高性能な旧型パソコンをいくつか販売しています。その中でもCPUがクアッドコアで3ギガヘルツ以上の物を選ぶと良いでしょう。メモリは4ギガバイトあれば十分です。デスクトップパソコンとノートパソコンの2種類が販売されていますが、ノートパソコンの場合はバッテリーが弱っている可能性もあるので注意しましょう。デスクトップパソコンを購入する際にも、マウスやキーボードがついてくるかどうか確認すると良いです。

法人向けパソコンのメンテナンス方法について

法人向けパソコンのメンテナンス方法はいくつかあります。デスクトップパソコンの場合は本体の内部にホコリが溜まっていることがあるので、ケースの蓋を開いてエアダスターで掃除しましょう。パソコンの内部を触るときは静電気が起こりにくい服装で触りましょう。静電気が発生してしまうと、パソコンの内部パーツにダメージを与えてしまう可能性があります。ウールのセーターなどは事前に脱いで、清掃作業を行うことをおすすめします。他には、キーボードを粘着性のあるシリコンで汚れを落とす方法があります。柔らかいシリコンをキーボードに貼り付けて、油汚れや手垢などを落とします。メンブレンタイプのキーボードの場合はキートップリムーバーを使用することで内部のホコリを除去することも可能です。